HANABI
HANABI
HANABI

HANABI

HANABI

HANABI

HANABI

HANABI

『伝統技法を用いた照明』

秋田杉の単板を熱湯の中で曲げながら、
おひつや茶筒を作る「曲げわっぱ」。
その秋田県に伝わる伝統工芸の技法を用いた作品。
秋田杉を無塗装で使用することで、
独特の風合いと香りが生まれ、視覚と嗅覚を刺激します。
また、花火、手裏剣、風車といった日本の伝統的な名前をつけ
、 日本人が持つ感覚を現代に共有できればと考えている。
曲げ、貼り付け、組み立て全てを谷本人が制作。
幾何学的なフォルムではあるものの、
素材の秋田杉が心休まる雰囲気を持っています。
点灯時だけではなく、消灯時にも、
空間にワンポイントを与えてくれます。
点灯時の姿はまさしく花火。
天井や壁の陰影とともに大輪を咲かせます。

◆商品詳細
材質:秋田杉
使用電球:E27 60W球
サイズ
W550xD300×H500mm
コード長:1000mm
トシユキ タニ
1950年前後を感じさせるミッドセンチュリーテイスト。 日本の伝統工芸の技法を用いた作品など。 ランプのコンセプトは“遊光”。 影の存在を知る事で、光を演出する。 火を扱う事の出来る特権、その特権を手にした事で、夜中という時間を手にした。 その手にした時間だけでも影と光の存在で過ごす。 作品によってその光りは花の様にも映り体で感じるインテリアを作ります
谷 俊幸
1974年: 兵庫県生まれ
1997年: 神戸芸術工科大学プロダクトデザイン科卒業。卒業後、友人5人とデザインチーム「air-com」を設立。「PP-Lamp Shade」シリーズを発表。
1999年: 独立し「MODERN」を設立。東京に拠点を移しインテリア作家として活動。デザインや制作、営業などを一人で行っています。
2000年: IDEEの「スプートニク」として海外進出。「Wappa Shade」シリーズを発表。
2001年: ユネスコ主催のNYイベント「デザイン21」の招待作品として参加。家具や新しい素材、新たなコラボレーション制作。
2002年: 照明「Mocoro Lamp」シリーズを発表。全国での個展活動。店舗照明関係も手掛ける。
2003年: 照明「PP-wood Lamp Shade」シリーズを発表。
2004年: 照明「Sen Lamp」を発表。
2005年: 全国での個展活動。
2006年: MODERNから照明作家谷俊幸へ・・・。
関連商品
DON P.P Shade
Designer 谷 俊幸
Brand トシユキ タニ
HANA P.P Shade
Designer 谷 俊幸
Brand トシユキ タニ
DON2 P.P Shade
Designer 谷 俊幸
Brand トシユキ タニ
MATSU2 WOOD Shade
Designer 谷 俊幸
Brand トシユキ タニ
HOKORE PENDANT
Designer 谷 俊幸
Brand トシユキ タニ
KAZAGURUMA
Designer 谷 俊幸
Brand トシユキ タニ
MATSU2 P.P Shade
Designer 谷 俊幸
Brand トシユキ タニ
DON2 WOOD Shade
Designer 谷 俊幸
Brand トシユキ タニ
DON WOOD Shade
Designer 谷 俊幸
Brand トシユキ タニ
SHURIKEN
Designer 谷 俊幸
Brand トシユキ タニ